2017年09月23日

長月も終わりに近づき思う事。2017


暑さ寒さも彼岸まで。

と思いつつ。

さて。

Yoko氏のエントリから。

「削除してしかるべきだろ!ふつう」(引用元)(魚拓

再度、弊社担当弁護士と慎重に協議致しました。

その結果、先般弊社より回答させていただいた通り、
プロバイダ責任制限法第3条第2項第2号の対応を
とることができず、かつ、権利侵害の有無について
弊社にて判断いたしかねますため、
送信防止措置を講じることができない結論となりましたので、
その旨ご連絡いたします。

との返事がきました。

トラブルに関する経緯の証拠を受け取り、
掲示板の開設者が当該トラブルの相手方ではないことは、
十分わかっているにもかかわらず、これです。

…みなさんどう思いますか?
物凄く理不尽だとおもいます。私は。
一日も早く例の書き込みを削除してほしいのに。
(抜粋・改行して引用)

Yoko氏の基準やルールでは、
「掲示板の開設者が当該トラブルの相手方ではないこと」、
即ち、Yoko氏の言う「晒し行為」は、
不法行為や規約違反となる様である。

しかし日本国では、この様な基準やルールを認めていない。

Yoko氏は、日本国の基準やルールを無視する事、
不法行為をする様に要求している事となる為、
拒否されて当然である。

社会性の欠如が大きければ、自身と社会との
基準やルールの違いが大きくなる。

客観性の欠如が大きければ、この違いに気がつく事が出来ずに、
「理不尽な事」を自身で増やす事となる。


ところで。

「批判と誹謗中傷をごっちゃにして騒ぐ人」(引用元)(魚拓

これ、何だろう?


posted by ◆ttNZZ6c3/w at 02:19| Comment(0) | 日記じゃない | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

長月も半ばを過ぎて思う事。2017


ズレが大きければ、合わない事は当然である。

と思いつつ。

さて。

Yoko氏のエントリから。

「理不尽なこと。」(引用元)(魚拓

大人になり、社会に出て、彼是と経験するうちに、
私は、世の中はどうも理不尽なことで一杯なんだなと
感じるようになりました。

私も、今迄、散々理不尽なことを経験しました。

…でも、今の仕事は好きでやってるんだし、
怒られても、反省して、
同じ失敗を繰り返さなきゃいいんだけれど、
それでも、同じ事で怒るような人は必ずいますし、
そういう時は、逆に、私自身が、
「何あの人。私が嫌なら、仕事辞めれば?」
と、内心思っちゃうこともしばしばなんですけどね。
(抜粋・改行して引用)

仕事上で、同じ失敗を繰り返して怒られる事が
「理不尽」であると、Yoko氏は思っている様である。

幼児性が強ければ、「自分は常に正しく、悪いのは他人や社会である」から、
「反省するのは、自分ではなく、他人や社会である」となる。

この状態では、反省して改善する事は出来ずに、
同じ失敗を繰り返す事となる。

そして。

仕事上で同じ失敗を繰り返しても、怒られなくなった時には、
「諦められた・見切りをつけられた」事となる。

Yoko氏としては、怒られなくなれば、理不尽な事がなくなり、
良い状態となる。

仕事上の未来は絞られる事となるが。

まあ。

既にYoko氏が居ない所で、「何あの人。」と言われている事であろう。


posted by ◆ttNZZ6c3/w at 22:39| Comment(0) | 日記じゃない | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

長月も初めを過ぎて思う事。2017


空想上(脳内・エアー)の他人は、現実には存在しない。

と思いつつ。

さて。

Yoko氏のエントリから。(抜粋・改行して引用)

「法廷での解決は無理」(引用元)(魚拓
弁護士事務所にて、例の掲示板の
差し止め請求訴訟について話し合いました。

…このような問題は、棄却判決が出て終わるだけで、
相手を特定できると判断されていない以上、
誹謗中傷・名誉棄損・プライバシー権侵害などの
差し止めは難しいとのことでした。

物凄く残念。
もう、話し合いで解決するしかなさそうです。

本当に弁護士事務所に行ったのかは、まあ良いとして。

別件ではあるが、Yoko氏は今まで何度も
「弁護士に相談した・依頼した」と言っていた。

今頃「差し止めは難しいとのことでした。」とは、おかしな事である。

そして。

「全快」(引用元)(魚拓
もう、話し合うしか道は残っていないと思います。
ですが、「訴訟しろ」などと煩いんで、
メールの方、受信拒否設定にさせてもらいました。

皆さんが見ている前で話し合いをするしか、
道が残っていないというのをよく解ってほしいです。

民事訴訟でYoko氏の要求が認められそうもないから、
話し合いで解決する事とは、相手方に過大な譲歩を求める事である。

自己中心的思考では、当然の事なのであろうが、
客観的・社会的に問題となる事である。

またYoko氏は、「メールでの話し合い」を、事実上拒否した事が分かる。

相手方も「訴訟しろ」との事から、
「Yoko氏の要求を受け入れる気が無い事」が分かる。

この状態での「話し合い」は、「物別れ」となる事が必須であろう。

Yoko氏はネット接続時間の制限が大きい状態であるが、
Yoko氏の言う「皆さんが見ている前で話し合いをする」とは、
どの様な環境(場所)であるのか?



ところで。
posted by ◆ttNZZ6c3/w at 12:02| Comment(0) | 日記じゃない | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

長月初めに思う事。2017


自分の意見を他人が無条件で受け入れる事を
「話し合い」と言う事もある様で。

と思いつつ。

さて。

Yoko氏のエントリから。

「言論の自由を理由に嫌がらせを正当化するな。」(引用元)(魚拓
誹謗中傷は、犯罪で、表現手段や自由な言論として、
認めてはならないということを、
どうして、わからないんだろうね。
ふざけた連中は。

私は、絶対に認めん。
自由な言論のまえに、一人一人の気持ちと、
立場を尊重することのほうが、大事だろうが。
(抜粋・改行して引用)

日本国では「言論・表現の自由」を保証されているが、
「社会的・客観的に認められる」誹謗中傷等の不法行為があれば、
その責任を負う義務がある。

問題となるのは、「不法行為の部分」である。

Yoko氏は「自身の主観による、嫌がらせや誹謗中傷等」を理由として、
ブログや掲示板の「問題となる部分」ではなく、「全体」の削除を要求している。

これは「言論・表現の自由の制限」となる。

また。

「Yoko氏のルール」では、「自由な言論のまえに、Yoko氏の気持ちと、
 立場を尊重することのほうが、大事だろうが」の様である。

Yoko氏の気持ちと立場を尊重しない他人は、その存在を許さない為に、
「全体の削除」を要求しているのであろう。

だが、Yoko氏が他人へ誹謗中傷した場合は、
「怒っているから~」で正当化出来る様である。

「自身のルール」と「社会のルール」のズレが大きければ、問題が起こりやすくなる。


ところで。
posted by ◆ttNZZ6c3/w at 01:11| Comment(0) | 日記じゃない | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

長月に入って思う事。2017


台風が秋を運んで来た感じかな~

と思いつつ。

さて。

Yoko氏のエントリですが。
(抜粋・改行して引用)


「運営会社は権利侵害を認めないときちんと対応しない」(引用元)(魚拓

現在例の掲示板の完全凍結の手続きの為、
作業をすすめているのですが。やり取りを通じて、
良くわかったことがあります。
運営会社の手で不適切行為を取り締まるためには、
被害者があれこれ用意しないといけないのだと。
…よくわかりました。

自身が単に被害者と言うだけでは、「主観的被害者」である。

「主観的被害者」が、「あれこれ用意」して、被害を立証出来れば、
「客観的被害者」となる。

運営会社等は、「客観的被害者」でなければ、対応出来ない。

「…よくわかりました。」と言っているが、
社会性・客観性の欠如の大きいYoko氏では、
よく分かっていない事であろう。


ただ、当該掲示板の管理人自身と関係のないトラブルのことを
晒されていると情報を出しただけでは、動いてくれないと。

これは、Yoko氏が「晒し行為」を、「不法行為=削除理由」と考えての事であろう。

Yoko氏の言う「晒し行為」は、
「当事者(Yoko氏)の管理出来ない場所で、
 当事者(Yoko氏)関連の投稿をする事」である。

これには「引用」も含まれる。

法的な根拠も無く、不法行為では無いが、Yoko氏としては、
「自身が嫌な事=不法行為=削除理由」なのであろう。

またこれは、「言論・表現の自由の制限」であり、
掲示板運営会社が「動いてくれない」事は当然である。


きちんと証拠を出すのが、完全に抹消するための
手続きとして最も有効であるとの結論に至りました。

結論に至るのが遅いのは良いとして。

Yoko氏の言う証拠は、「客観的な証拠」なのであろうか?


さてさて。

「ルールは必ず守ろう。」(引用元)(魚拓

無断転載や引用が禁止されていたら、
そのルールに従うのは当たり前です。
郷に入れば郷に従えという諺があるくらいですから、
きちんとルールは守りましょう。
ルールが守れない、問題を起こす…そういう方は、
二度と来なくていいと思われますよ。

日本国では法律により「引用」が認められている。

日本国の法律は、Yoko氏の身勝手なルールよりも、上位にある。

Yoko氏には、この認識が無い様であるが。

他人にYoko氏の身勝手なルールを押しつける事は、問題である。

日本国のルールが守れない、問題を起こす…そういうYoko氏は、
以下略。


ところで。
posted by ◆ttNZZ6c3/w at 23:05| Comment(0) | 日記じゃない | 更新情報をチェックする